soukyoku-kankaiのブログ

 職場のパワハラに2年間耐え離職後、大うつエピソードで精神科受診。”双極性Ⅱ型”の診断を受け、半年間の自宅療養を経て復職したのが、二年前。軽躁→うつを繰り返し、7回の転職の末、うつ状態のため休職中。完解にむけて、じっくり取り組みたい^-^

混合状態 3

恐るべし・・・混合状態。


ついに、突然”希死念慮現る”

大うつに落ちたくないので、じたばたしたのが

かえって悪かったようだ。


久々に・・・”死にたく”なって、ベッドでぐったり。

ぐるぐる思考にはまりそうになったので、

ベッドからはい出て、PCに向かう。

キーワード”混合状態”

http://merckmanual.jp/mmpej/sec15/ch200/ch200c.html


<table border="0" cellspacing="0" cellpadding="0"><tbody><tr><td>

混合状態: 混合エピソードでは抑うつと躁あるいは軽躁の特徴が交じり合う。最も典型的な例は,躁病の絶頂期から涙もろい状態に瞬時に転換するもの,あるいはうつ期における観念競合である。双極性障害患者の少なくとも3分の1では,エピソード全体が混合性を示す。一般的な病像は,気分変調性の興奮気分,涙もろさ,睡眠時間の短縮,観念競合,誇大妄想,精神運動性の落ち着きのなさ,自殺念慮,迫害妄想,幻聴,決断困難および錯乱からなる。この病像は,気分変調性躁病と称される(すなわち,顕著な抑うつ症状が躁病性精神病に重複する)。


リチウムは,混合状態,急速交代型の双極性障害,不安の併発,物質乱用または神経障害を有する患者にはさほど有効ではない。

だって・・・リチウムに変えてもらったら、良くなるかも?と思ったけどー。-”


</td><td></td></tr></tbody></table>